noteはじめました!

バヌアツ旅行紀 3日目4日目 ハイダウェイアイランドと海底ポスト そしてフィジーへ


2日目に続き、バヌアツ旅行は続きます!

バヌアツ旅行記 1日目 ホニアラ国際空港からセントラルマーケット、カバを飲む バヌアツ旅行紀 2日目 町歩き、石焼バヌアツ牛

朝起きて、朝ごはんを食べに宿泊先の朝ごはんサービス(有料)を頼もうとしたら、番犬?のワンちゃんが迎えに来てくれました。

大きめの犬に対して恐怖心を抱いている私はあまり近づかないようにしていましたが、見てるだけなら可愛いですね。

ちょっと目つきが悪い写真。笑

朝ごはんは、トーストにフルーツという組み合わせでした。マンゴーやパイナップルを角切りにしたカクテルフルーツはかなり美味しかったなー!

その後、地元の旅行会社にあらかじめ連絡して、迎えに来てもらう予定だったので、モーテルの前で待っていると、電話が、、

「ごめん!今から向かうからあと10分待ってて!」と

遅れちゃうのは仕方ない時もあるんですけど、こうやってあらかじめ連絡が来るのと、何分後につくのかを伝えるのは、いいですね。

そして、バスに乗って来たイケメンバヌアツ人の運転のもと、ハイダウェイアイランドというところに行きました。

船着場

少し曇りなのが残念!でも雨じゃなくてよかった!

 

浜辺には布を売ってるおばちゃんがいて、可愛い布を売っていました。

 

こんな柄↓

1500円くらい

 

ボートがやってきた!ソロモンのよりも豪華!!

速度は遅いけど笑

 

つきましたー!

さっきの船着場から10分くらい。対岸に見える距離ですよ。

 

島の入り口にあるゲート

 

受付で入湯料を支払います。しかしJICA関係者だと伝えるとお金を払わずに通してくれました。

 

綺麗なビーチ。整ってる

 

小さなレストランがありました。

 

 

ベンチやいすがたくさんあって、くつろぐスペースはたくさんありました。

みんな、荷物を放置したまま海に入ったりしていて、警戒心は薄めな感じです。

 

一人800円ほどのツアーに参加しました。

↓の写真のようにボートの底がガラス張りになっているボートで、近くをウロウロしてくれました。

 

船底につながる筒が備え付けられていて、そこから餌を落として魚がたくさん集まるというパフォーマンス?もやってくれました。一緒に乗っていた6歳くらいの子どもは大はしゃぎでした。

 

 海底ポストの詳細はまた書きます。。

 

楽しかった時間もつかの間、3時前にはポートビラに戻ってきて、軽くご飯を食べました。(この時、前日に食べたステーキで完全に胃もたれを起こし、まともに食べれなかったので、一緒に行った相方が一人で食べていました。)

 

 

マーケットではココナッツが売っていました。甘くて美味しい。

50vt(50円)は安い?!

 

お惣菜コーナー

何かと思ったら、ナスでした。まん丸で可愛い

 

パパイヤとレモン

 

ねぎ。もりもりで200vt(200円)は安い

 

ハイビスカスの苗が売ってました。

 

晩御飯はポートビラにあるタイ料理屋さんに行きました!

 

夜はバーになるらしい

ベランダからの眺め。

晴れていれば、、

 

パッタイを注文しました。ナッツ?の食感がアクセントになっていて美味しかったです。この時は人生でパッタイ2回目

 

 

そして夜が明けて、、次の日は午前中はまったりとお土産などを見ながらポートビラ市内をウロウロして、午後にあるフライトに乗り遅れないように行動しました。

 

そんなこんなで楽しい時間も過ぎて、とうとうバヌアツとお別れする時間になりました。

空港のロビー

 

登場ゲート

 

飛行機に乗るときは、直接乗り込むやーつ

 

イミグレーションカード。書き慣れたもんです

 

2時間弱のフライトでしたが、軽食が出てきました。

MY SNAXというお菓子はあられっぽいやつで、美味しかった

 

 

ついた頃にはもう8時前で真っ暗でした。

荷物受け取りの場所

洗練されてる

 

タクシーは空港でたら速攻で捕まえることができます。

ホテルの名前を告げたら連れて行ってくれます。

あとでわかったことですが、ちょっと高めに請求されましたが、まあ、それも旅の経験の一つかな

 

今回利用するホテルはキッチンや洗濯機付きの長期滞在者用のホテルを借りました。3泊しかしないけど

めっちゃ綺麗だし、シャワーお湯が出るし、興奮しまくりでした。

ベッド

 

 

 

そんな感じで、このホテルについたときはもう10時を回っていたので、一通り落ち着いたらすぐに寝てしまいましたー

 

それではフィジー2日目はまたこんど!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です