初めての方はこちらのプロフィールをチェック!

ガスが売り切れ!そうだ薪を使えばいいんだ。~毎日キャンプ~

こんにちは!
いきなりですが、ガスコンロが使えなくなりました!
ガスコンロの故障ではありません。
ガスがなくなったのです!
え?じゃあガスを買えばいいだろって?
買えてるならとっくに買ってますよ。
町中のガスが売り切れしているんです。
しかもここ1、2ヶ月の間。ずっと。
ガスが切れたのは、6月11日の月曜日の朝
朝起きてお湯を沸かそうとしておよそ10秒もたたないうちに火が消えて、事態に気がつきました。その日のうちに町中を歩き回ってガスを探すも見つからず。ガスを探し回る人たちばっかり見つかる始末。。。
「これから何を食べればいいのか。。」
そんなことを思いながら、その日はカップ麺を食べてとりあえずしのぎました。
それから朝ごはんはクラッカー。お昼ご飯は屋台?で買えるお弁当的な(いや、お弁当感は全くないけど)のを買ってしのぎました。
そして火曜日の晩御飯は、スパゲッティの麺がちょうど一回分余っていたので、「スパゲッテイも熱湯に浸しておけば柔らかくなって食べれるんじゃね?」と考えて、カップヌードルのようにお湯に浸して30分、お湯を切ってソースを和えて食べてみると。。。。。。
めっちゃまずかったです笑
何だろう。粘土みたいな食感というか、昔給食で出た袋麺をそのまま食べてる感じ。。。
「でも胃に入れないと」という思いで食べて、その日は終了。
そして水曜日
この日は選挙があって、学校が休みだったので「何しようかな」と考えてた矢先、
同僚から電話が。
「へいへいへい!ガスがなくなったって?外で料理できるキッチンが欲しいだろ?作ろうぜ!」的なことを言われ、とりあえず同僚と合流しました。
そして、キッチンになる材料の木材は私の家の目の前にある廃屋ちっくな小屋?から採ってくるとして、必要なのは釘。ということで釘を探しに町のお店に行きました。
ここのお店では釘が量り売りで買えます。何をどのくらい買ったのかはわかんないんですけど合計で$41(約600円)でした。
そして、家に戻って、まずは小屋の解体作業とキッチンの基礎作りを開始。
同僚は小屋の解体をし、私は基礎作り

いやーこれ超大変なんですわ。汗がどれだけ出るんだい!って感じ。掘っても掘っても掘った感はないし、「これいつできるの?」感がずっとよぎってました笑
そんなこんなで、作業を続けていると、別の同僚がやってきて手伝ってくれることに!
そしてそんなこんなで3人で作業を続けていると、同僚の友達がやってきて手伝ってくれることに!

結局男5人で作業を進めて、お昼ご飯も食べずに4時前には完成!

あとは鍋をのっける場所を作るだけ!
学校の余ってる備品をちょっともらい、それを使わせてもらいました!
こんなこんなでキッチン完成!!!

 

かかった費用な釘代約600円と同僚に奢ったfish&chips約400円だけ!!
でもこれじゃあご飯は食べれないんです。
あと必要なのは、、、、そう!!!!
燃料になる薪がないと始まりませんね。
あとは小さい薪を作りための鉈も必要ですね。
というわけでキッチン作りの次の日の木曜日に探しにいって買ってきました!
ナイフはブッシュナイフって呼ばれてるソロモンの一家に2~3本はある品物です。草刈りやココナッツ割ったり、薪を割ったりするのに使ってます。
これは12インチサイズで約600円
薪は道端で売ってるんですけど、普通に買うと1束がデカイので持って帰れない。ということで薪を打ってるおばちゃんに相談して、両手で抱えられるくらいの量にする代わりに割引してくれることに!
これでやっと
やっっと
加熱できます!!!

(たいしてすごくないけど、私の中ではすごいこと)

 

完成したキッチン↓
毎日キャンプです。

気がつけば1時間くらい無心で薪を割っていました。蚊に刺されまくりました。
これからしばらくは薪生活になりそうです。
そんなW杯が始まった日に私の薪生活は始まりました。

 

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です